フレッツ光メンバーズクラブ

親子で社会科見学!タブレットやワークブックを使って、
無料で学べるNTT技術史料館で体験学習

NTT技術史料館 特集

タブレットの解説で
電話の歴史と技術を
親子で学ぼう

電話機や通信技術の進化の歴史を
無料で公開!

NTT技術史料館 特集

誰でも無料で見学できる「NTT技術史料館」。館内には日本の電信電話の歴史をひもとく貴重な史料が満載。
訪れれば、ちょっとしたタイムトラベル気分が味わえます!

NTT技術史料館とは?

親世代にとっては懐かしく、子どもにとっては「テレビや本で見たことがある!」、歴代の電話機がずらりと展示されている博物館。昔の電話機で通話を体験したり、タブレットのガイドを視聴しながら電話の歴史を学んだりと、楽しみながら見学できる工夫がいっぱいの施設です。

詳しくはこちら
※外部サイト(NTT技術史料館ホームページ)へ遷移します。

NTT技術史料館とは?


ぜ~んぶ見られます!歴史に残る電話機たち
  1876 世界初の電話機 アレキサンダー・グラハム・ベルが発明した世界初の電話機⇒
  1896 電話機壁にむかって「もしもし」映画やドラマにも登場。100年前の日本で使われていた⇒
  1950 ジーコロとダイヤルを回す 国産の技術だけで作られた日本技術の結晶!ダイヤル式の黒電話⇒
  1969 プッシュホンの登場 ピッ・ポッ・パッのプッシュホンの登場で電話の使い道が広がった⇒
  1970 万博で登場!未来の電話機 大阪万博の為に開発された個人向け携帯電話の原点⇒
  2010 ひとり1台の情報端末 音声から、データ、映像まで手のひらサイズで通信できる時代に


親子で深く学べる! アイテムを活用しよう

興味のある分野や、見学時間に合わせて自由に回れるタブレットガイドや、
ゲーム感覚で館内を回れるワークブックを活用して、気軽に楽しく、そしてより深く学ぼう!

[タブレットを借りよう!]タブレットを無料で貸出し

史料館の名物ガイド、イソムラさんの解説を聞きながら見学すれば、展示物についての理解がより深まります。

[ワークブックをゲットしよう!]受付で無料配布している冊子

展示物の歴史的・技術的なポイントをわかりやすく紹介。クイズを解くことで、より深く学ぶことができるワークブックです。


※事前に予約すると、見学者の興味に合わせて、ガイドが直接案内してくれるツアーもあります。
予約は専用窓口(NTT情報ネットワーク総合研究所 広報担当): 0422-59-3311(平日10:00~17:00)
または、NTT技術史料館ホームページのお問い合わせフォームから。


タブレットとワークブックを持って電話の歴史を学ぼう!体験レポートスタート!

体験レポート

タブレットの解説を
聞きながら歴史を学ぼう!

日本にはじめて電信機がもたらされた1800年代半ばから、NTTの前身となる日本電信電話公社が発足するまでのおよそ100年のあゆみを壁画で一望。タブレットと一緒に回るとわかりやすい!

手動交換機で電話と電話を
つないでみよう!

「デルビル磁石式壁掛電話機」と「磁石式手動交換機」を使った通話体験に挑戦してみよう。電話機のしくみはワークブックのミッション2、手動交換機のしくみはミッション1で詳しく解説されているよ。ミッション3以降のワークブックも続々登場。新しい問題にも挑戦してみよう!

受話器をとると説明が聞ける!
公衆電話機の進化を学ぼう

最近は見かけることが少なくなった公衆電話機。ダイヤルからプッシュホンへ、硬貨を入れるものからテレホンカードを利用するものへと、時代とともに進化してきたんだね。受話器をとると、その電話機の説明を聞くことができるよ。

小さな声でも遠くまで届く
パラボラアンテナってすごい!

テレビの衛星放送や宇宙探査機との通信で利用されているパラボラアンテナ。お皿の形のアンテナが電波や音波を集めてその波を送るしくみを、実際に体験して学ぶことができる。ひそひそと話した声が、もう1つのアンテナから、ちゃーんと聞こえるよ!

大きな試験衛星もあるよ!

最上階のラウンジには、NTTの通信衛星に搭載されているマルチビームアンテナの開発に使われた「技術試験衛星ETS-VI実験モデル」が展示されているよ。ここでは、衛星のパラボラアンテナに国立天文台提供の宇宙の写真を映し出していて、天文の世界も楽しむことができるんだ。


歴史を学んだ後は、技術をさぐろう!理系ゴコロが芽生えるかも! 「技術をさぐる」エリアもチェック[大人も楽しめる!]

体験レポートでは「歴史をたどる」エリアを中心に紹介しましたが、もう1つの「技術をさぐる」エリアもおすすめ。より専門的な内容になっており、巨大な交換機や海底に敷かれている迫力満点のケーブルをはじめ、展示物はここでしか見られない貴重なものばかり。ネットワーク技術が、見えないところでわたしたちの暮らしを支えていることを、実感することができます。

海底中継器CS36M方式(下)、FS400M方式(上)


家に帰ってからのお楽しみ!NTT技術史料館オリジナル超本格的なペーパークラフトがもらえる![本物そっくり!]最新版のペーパークラフトを配布中

見学後、受付でアンケートに答えると、来館記念のペーパークラフトをもれなくプレゼント! これはNTT技術史料館でしか手に入らないとってもレアなペーパークラフト。細部にまでこだわって再現されているので、作ってみると、その電話機のことがよりよくわかるよ。ちょっと難しいけれど、がんばって挑戦しよう。

特別公開イベントで子どもと体験学習!

自由研究にも役立つ、特別公開や季節のイベントも!

学校が長期休み期間の一般公開日には特別企画が実施されます。いつものガイドツアーや、古い電話機の通話体験のほか、プレゼントがもらえるスタンプラリーも行われます。工作体験ができる子ども科学教室が実施されることも。イベントは期間限定なので、ホームページでご確認ください。

画像は夏休み体験型科学教室(電子工作の体験)。

※イベント情報・お申し込みはNTT技術史料館のホームページをご覧ください。


NTT技術史料館 アクセスマップ

NTT技術史料館

東京都武蔵野市緑町3-9-11 NTT武蔵野研究開発センタ内
10:00~17:00
※毎週 木・金曜日:13:00~17:00 は一般公開のため予約不要
《休館日》土日祝日および年末年始  《入館料》無料
※イベントやメンテナンスで閉館していることもありますので、
事前にホームページでご確認のうえご来館ください。
《NTT技術史料館ホームページ》 http://www.hct.ecl.ntt.co.jp/

JR中央線「三鷹駅」/「三鷹駅」 北口よりバス

1番バス乗場から
「北裏」か「武蔵関」か「田無橋場」行きに乗車、
「武蔵野市役所前」にて下車、徒歩5分。
(所要時間約15分)

4番バス乗場から
「NTT武蔵野研究開発センタ」行きに乗車、
「NTT武蔵野研究開発センタ(終点)」にて下車。
(所要時間約10分)


西武新宿線「東伏見駅」南口より徒歩15分

※南門は一般公開専用門となります。(通常は閉鎖しております)
一般公開日にお越しの方は南門を、一般公開日以外にお越しの方は正門・北門をご利用ください。